My body is fly-by-wire

まあまあお茶でも飲んでゆっくりなすって

それはいけているのか

LCCはみなさん乗っていますか。

ぼくは結構使いますね。

JALマイレージの関係でよく乗るのですが客層がとても違います。

体感ですがJALの通常期でビジネス、レジャーでのお客さんの比率が2:1くらいならLCC0.1:1くらいですかね。

なので、LCCの機内はにぎやかだと感じられます。

 

キャビンクルーを困らせる人達

しかしながらまあ色んなお客さんが乗っているLCCです。

俗に言うモンスタークレーマーも乗ることが多々あるでしょう。

きっつい口調で文句を言っている人を見るたび「こいつと同じ空間にしばらくいるのか」とまあ不愉快ですわ。

まあそういう文化の人達もいるのでひとくくりにするのはよくないのですが。

元気にサービスをしているLCCのクルーから笑顔がなくなるのを見ると悲しいです。

 

ホスピタリティはどうすれば生まれるのか

老若男女含めた知り合いには接客業の方が非常に多くおります。

みなさん「クレーマーはありがたい」と業務改善のために日々努力している方が大多数でどんなにきつく言われようがひどい扱いを受けようが頑張っています

自分はそんな頑張っている人達をすごく尊敬しています。

それを図に乗った人間にあーだこーだ言われていらない苦労をしているのをみると本当に腹が立つ。

もし大人ならアサーティブな対応を心がけることを常として欲しい。

お互いが気持ちよくサービスの授受ができることが自分も相手も周りも幸せするホスピタリティだと思います。

周囲にまで不快感を撒き散らして文句だけ言って課題提起とするのは無理があります。

それは本当に「いけて」ますか?

飛行機が遅れることのメリット・デメリット メリット編

前回の記事の続きです

thumb-300.hatenadiary.jp

ではメリット述べていきましょう。

 

①イレギュラー感が楽しい

旅行って非日常の空間じゃないですか。

しかしながら飛行機も乗りなれてしまえばただの移動手段です。

そこで遅延という非日常の要素が加わることによりちょっとわくわくしませんか?

え?俺だけ?

でもあまった時間でショップやカフェに居てみるのもおもしろいですよ

f:id:beatiidx300:20190207231250j:plain

ミールクーポンがもらえたら食事もあり(大阪国際空港 がんこの塩ラーメン)

②補償がでる

これはめっちゃメリットです。

出発の遅延のほか、ダイバート(到着地変更)で本来の到着地より遠いとタクシー代などでお金がもらえたり、食事券やラウンジ利用券がもらえたりするようです。

関西空港ダイバートしたときにはANAから5000円もらいました。

関西空港から新大阪方面にラピートを使ってむかっても2000円得するので遅れても、ま、いっかという感じです。

f:id:beatiidx300:20190207232745j:plain

わざわざANAと書かれた封筒に入れてくれた

極端な例だと快適なエアポートホテルに泊まれたりするみたいです。

ただしLCCには補償が全く無かったりするので注意です。

 

③振り替えで良い機材に乗れる若しくは座席が変わる。

極端に遅れる場合は欠航になることもありますが羽田や成田などの大きい空港では機材が変わることもあります。

特に地方-成田間でメリットがあるのではないでしょうか。

成田に駐機してある機材が臨時で来てくれれば前方の席の人はビジネスクラスに座れる可能性が高いです。

f:id:beatiidx300:20190207232905j:plain

短い時間でもSKY SUITEに乗れたらうれしいうれしい/©日本航空

とまあこんなメリットがあります。

このメリットを大きいと感じるかないものと感じるかは個人の感覚の違いですが…。

飛行機旅行が好きなら③なんかすごいメリットです。

それでは皆様航空旅行を楽しんで。

飛行機が遅れることのメリット・デメリット デメリット編

みなさんあけましておめでとうございます。

年末はどちらへ行かれましたか。

私は大阪へ行ってまいりました。

しかしながら行きも帰りも遅延が起きてしまいかなりのトラブルに巻き込まれてしまいました。

なかなかに壮絶な経験とおいしい経験をしたのでここに記しておくとしましょう。

 

今回乗ったフライト

ANA 3239 成田~新潟

17:35-18:40が17:41-19:19になり約40分の遅延

f:id:beatiidx300:20190128003528p:plain

初プロペラ機だったりする

 

IBEX 78 新潟~伊丹

19:15-20:25が19:52-22:30になり約2時間の遅延

f:id:beatiidx300:20190128003637p:plain

初のダイバート

 

JAL 138 伊丹~羽田

20:25-21:30が20:40-21:52になり約40分の遅延

f:id:beatiidx300:20190128003744j:plain

五輪塗装もよく分からなかった

と見事に全部遅延していました。

俺は疫病神かい。

 

それではデメリットを解説いたしましょう。

 

①予定が崩れる

大体の人はここにデメリットを感じるはずです。

友達とあったり約束の時間を決めていたりする等の予定があると大変ですね。

もしビジネスで飛行機を使うのであれば一世一代のかかった営業に遅刻…目も当てられなくなってしまいますね。

遅延証明書を持って許しを乞いましょう。

ちなみに私はホテルのチェックイン時刻に遅れ、連絡をするはめになりましたちくしょう。

f:id:beatiidx300:20190128003903p:plain

こんな感じで駆けずりまわるのはいやだねえ

 

②バスへの乗り継ぎが大変になる

羽田や成田、関西空港などの鉄道が乗り入れて高頻度運航しているような空港は良いですが、日に数便しかこない地方空港ではここにデメリットを感じます。

レンタカーを借りる場合は別ですが、地方の小さな空港で市街地に行くための手段はバスが殆どを占めています。

それらのバスは飛行機の離着陸にあわせ運航されている場合が多いです。

画像は根室中標津空港のバスの時刻表です。

f:id:beatiidx300:20190128004024j:plain

みにくくてごめんね

日に4便あるのですが全て飛行機の離着陸に対応しており、1便逃すと最低でも3時間近く待たなければいけないということが起こりえます。

一応バス会社も柔軟に対応してくれて、飛行機が遅延してもバスの出発を遅らせることがあるみたいですが、その保証はございません。

大きな空港でも夜になると次のバスまで長時間待つことがあります。

自分は遅延で羽田に着いたときに次のバスまで30分ぐらい待ちました。

 

③終電(終バス)に乗り遅れる可能性がある

②と繋がるのですが夜におきやすいデメリットです。

終電、終バスは飛行機の最終便の時間帯に設定されることが多いです。

なので、最終便に乗って遅延するとそれらに乗れなくなる可能性があります。

また、電車の接続の関係で終電前の電車に乗っても最終目的地に到着できないこともあります。

例えば、関西空港に到着したときにラピートに乗れないと新大阪以北に到着できない可能性があるということです。

f:id:beatiidx300:20190128004125j:plain

意外とラピートは終電が早い

 

④到着地が変わることがある

運用制限時間のある空港に向かうとこうなってしまいます。

例えば、伊丹空港では夜21:00までの運用となっていて、それ以降着陸する飛行機は出発地引き返しか他の空港に着陸になってしまいます。

伊丹なら関西、新千歳なら旭川と出発前に決まっていることが多いですがそれを我々乗客が知る由はありません。

大体は近場の空港ですけどね。

しかし前述の終電との絡みもあり、夜中にこれにあうと本当にきついです。

伊丹から新大阪方面に向かうのと関西空港から新大阪方面に向かうのは全然労力が違うんですよ…。

f:id:beatiidx300:20190128004327p:plain

無情なお知らせ

 

⑤そもそも出発できない。

前述の運用制限時間の絡みで機材遅れで出発できないこともあります。

伊丹なら21:00までに出発しないと離陸ができません。

そうなると欠航になり他の手段を探したり、振り替えて翌日の別の便にしなくてはいけなかったりと大変です。

f:id:beatiidx300:20190128004417p:plain

遅延には医者も平民も平等である

 

とまあざっとこれだけのデメリットがあるのですがメリットもきちんとあります。

それは次の記事で。

 

thumb-300.hatenadiary.jp

丼丸、丼丸、雨、丼丸

自分には常連の店が3つほどあります。

床屋とアクセスチケットと丼丸。

自分の中で世間話ができればもう常連なので向こうには「また来たこいつ…」と思われてるかも分かんないですが。

 

さて皆様方は丼丸をご存知でしょうか。

簡単に言うと500円で海鮮丼が食べられるお店でごわす。

500円で海鮮丼、いやあ、お財布にはまあまあ優しい。

ワンコインで海鮮丼が食べられるとは良い時代に生まれたね兄ちゃん。

詳しくはこちら↓

http://sasafune.co.jp/

 

その中でも東急線とJR線の乗り入れる溝の口駅に程近いの「笑顔の丼丸」にかれこれ1年近く通いつめていまして。

大学が午前中に終われば買って家で食べております。

S店長いつもありがとうございます。

たまには溝の口にも来てくださいな。

 

f:id:beatiidx300:20181216180118j:plain

看板の顔も笑顔ね

f:id:beatiidx300:20181216180323j:plain

目立つメニュー

メニューは食べたい海鮮丼の番号をレジで言えばOK。

店舗ごとに異なるメニューを見て周るのもおもしろい。

Twitterでは限定丼と称して色々やっているのでそっちもチェック。

先に会計を済ませ番号札をもらって外で待ちます。

f:id:beatiidx300:20181216180735j:plain

1畳無い店内

この通り狭い店内なので外で待ちましょうね。

番号が呼ばれたら海鮮丼を受け取って持ち帰って食べましょう。

f:id:beatiidx300:20181216180827j:plain

まあまあでかいので腹いっぱい

最近は600円ではまち丼を買って食べてます。

割り箸としょうゆがデフォルトでついてきますがそれを味噌汁、お吸い物にチェンジすることも可能です。

ここは各店舗によって違うのでお問い合わせを

家で食べるときは味噌汁、外で食べるときは割り箸、しょうゆと決めるといいかと思いますよ。

結構お腹一杯になるので本当に満足感がすごいです。

おかげで、健康診断で痩せろといわれましたが海鮮丼を止める気は毛頭ないです。

 

というわけで近くの丼丸に皆様駆け込むべし。

笑顔の丼丸Twitter

Virgin Australiaで周遊航空券買った話

日本に就航している外資系航空会社(デルタ航空とかルフトハンザとか)は自社国内線でも日本語で買えることが多い。

f:id:beatiidx300:20181211210257j:plain

デルタ航空の国内線の購入ページ

この通り、通貨こそUSドルだが日本語で買える。

乗り継ぎを考慮してのことなので国際線チケットと一緒に購入できる場合が殆どだ。

しかしながら日本に就航してない会社では日本語対応していない場合が多い…。

 

突然だけど

自分が苦労しながらVirgin Australiaでチケットを買ったらしい。(JetstarのCM風)

今回はそんな記事。

 

Virgin Australiaとは

オーストラリアの航空会社で国内外に幅広いネットワークを持つ。

比較的安い運賃ながら荷物預かり、座席指定が無料でできるのが強みだ。

日本で行ったらスカイマークなんかがこれに当たるでしょう。

まあまあ安くサービスも良いので、2月に行くオーストラリア周遊旅行の足として利用することにした。

 

日本語未対応のHP

検索をかけて一番最初にでてくるページがこれだ。

f:id:beatiidx300:20181211210752j:plain

https://www.virginaustralia.com/au/en/

なんと洒落たページだこと。

国内線も国際線も同じページから予約が出来るが今回は国内線。

周遊旅行なので「Multi City」を選択

f:id:beatiidx300:20181211211013j:plain

赤丸のところ

これが片道なら「One Way」、往復なら「Return」を選べば後が楽でしょう。

まあどれ選んでもやることは日付と目的地を選ぶことなのでまあ変わらんでしょう。

f:id:beatiidx300:20181211211333j:plain

区間と日付を選ぶ

「Multi City」を選べばこんな画面に飛ばされるので行き先を選択すればいいでしょう。

同行者に子ども(Children)や乳児(Infant)がいる場合は下の人数選択に注意。

ちなみに何回か検索するとここのプルダウンから検索履歴が見れるので是非活用。

f:id:beatiidx300:20181211211253j:plain

訳すると最近の検索

入力し終えたら下の真っ赤なボタン「Find Flight」をクリック。

f:id:beatiidx300:20181211211513j:plain

そんなにEconomyXええんかいな

しばらくこんな画面の後に

f:id:beatiidx300:20181211211555j:plain

区間によっては乗り継ぎも選択できる

こんなフライトリストが出てくる。

運賃の説明をすると

Gateway」…一番安い、キャンセル、変更不可

「Elavate」…上記運賃にキャンセル返金ができる

「Freedom」…フレックス運賃、キャンセル座席指定も思いのまま

「Business Saver」…ビジネスクラスのElavate運賃

「Business」…ビジネスクラスのFreedom運賃

となっていて時間帯と値段で決めるといい。

ビジネスは機材により設定が無い場合もあるので注意。

 

自分はシドニーブリスベンアデレードシドニー

f:id:beatiidx300:20181211211826j:plain

1豪ドル=80円くらい

合計429豪$

大体37000円くらいで東京~札幌~那覇~東京くらいの距離を移動できてしまう。

カンタス航空を使うともっと高いしタイガーエアとかJetstarはサービスを加えると割高になるので素晴らしい価格設定。

万歳ヴァージン様々。

 

オプションの説明はきちんと読め

f:id:beatiidx300:20181211212003j:plain

電話番号は最初の0(090の頭)はとって入力

終わったらまずは個人情報。

マイレージ連携先のものがあれば入力。

車椅子を使う人は「SPECIFIC ASSISTANCE/REQUEST」から必要事項の記入を忘れずに。

英語が多少なりとも読める人はよく読んでから次のページへ

f:id:beatiidx300:20181211212519j:plain

ここは日系とも変わりなし

次は座席指定。

薄紫色の座席は追加で料金が必要なEconomyXという座席になる。

優先搭乗や足元広々の座席。

上記の画面だと35$(約2900円)の追加料金になる。

長いフライトでチョイスして、短いフライトを普通のエコノミーにするのもあり。

f:id:beatiidx300:20181211212453j:plain

荷物は1つ23kgまでと余裕あり

追加の預け荷物。

Virgin Australiaはエコノミーが1つ(1つ23kgまで)、ビジネスは2つ(1つ32kgまで)まで無料でスーツケースなどの荷物が預けられる。

増える予定があるなら1つ39$(約3200円)で追加できる。

マイレージの会員はもっと預けられるらしいが、日本在住の自分は会員登録できないみたい…。

f:id:beatiidx300:20181211212701j:plain

レンタカーも是非

その他のオプションとしてカーボンオフセットとレンタカーがある。

地球環境に貢献したい人は購入すべき。

レンタカーは代理で手配してくれるので国際免許を所持している人にはおすすめ。

特に空港アクセスが乏しいウルルとか行く人には良いかも。

f:id:beatiidx300:20181211212818j:plain

ここまでくればあと一息

チケットの保険もかけられる。

返金補償や緊急事態のアシスタントも13.95$でかけられる。

唯一自分が購入したオプション。

f:id:beatiidx300:20181211212851j:plain

住所入力で手間取らなければ終わり

住所など入力してこれで予約完了。

 

スマホアプリで運航状況や予約状況なども確認できるので使う際は是非。

f:id:beatiidx300:20181211213042j:plain

オンラインチェックインも出来る

乗ったらまたレポ書くのでよろしゅう

BudgetAir.comで航空券を取った話

事の発端

先日年末に大阪に行こうと思い計画を立てていた。

もちろん飛行機好きだから往復で飛行機に乗る予定である。

しかしJALANALCCも満席で東京-大阪便はほぼ全滅。

しかたないね、年末のチケットを11月に取ろうとするやつは馬の骨だ。

 

頼みの綱のSkyScanner

なんとか帰りの伊丹-羽田の最終便はゲットしたものの行きの便がなかなか高い。

これで駄目なら新幹線…との思いでアフィブロガーご自慢のSkyScannerで検索をかけてみたところ…

f:id:beatiidx300:20181121004539j:plain

新潟で乗り継いでいくのか…。

しかしLCCを差し置いて13033円。

繁忙期にこの価格でレガシーに乗れるのはありがたい。

f:id:beatiidx300:20181121004723j:plain

17:30成田発、新潟で乗り継ぎ20:25分に伊丹着とかいう面白チケット。

さらには今まで乗ったことないANAやIBEXにも乗れるというね。

のぞみ指定席よりも安く済むのでこれに決定。

ちなみに同じチケットをANA直販で買うと…。

f:id:beatiidx300:20181121005219j:plain

割引運賃でも倍以上である。

ちなみに直行便は…

f:id:beatiidx300:20181121005242j:plain

んー高い。

ANA直販じゃないから不安だけどこいつに決定。

 

BudgetAir.comでいざ予約

ここからが本題。

さてSkyScannerを利用したことある人ならご存知なこと。

旅行会社若しくは直販サイトに遷移して予約することである。

今回はBudgetAir.comというイギリスのサイトで予約しろとのこと。

f:id:beatiidx300:20181121005856j:plain

日本語の利用不可…。

レビューは安いものにはなんとやらの精神で無視。

遷移先に飛ぶと…

f:id:beatiidx300:20181121005933j:plain

はあ~?めっちゃ日本語やんけ!

IATAにも加盟してるとのこと。

信頼していいらしい。

f:id:beatiidx300:20181121010223j:plain

SkyScannerで選択したフライトが出てくる。

下のチケットサービスというのは遅延や欠航などの際に補償をしてくれると言うもの。

国内だしなんとかなるので今回はパス。

ちなみに補償額は最高で29万くらいらしい。

その後、個人情報をポチポチし購入。

すると「予約の確認」という名目でメールが届く。

領収証のみのメールである。

f:id:beatiidx300:20181121010303j:plain

汚くてごめんよ。

これでEチケットが届くわけじゃないのか…。

と思いつつ30分後。

Eチケットのメールが届く。

f:id:beatiidx300:20181121010333j:plain

ほうほうなるほどね。

これで購入は完了。

座席指定をしておしまいにしましょう。

 

扱いの難しいEチケット

座席指定をしようとANAのサイトに飛ぶがここで問題発生

f:id:beatiidx300:20181121010336j:plain

画像上でエラーを吐いた。

うーん国内線なのに何故。

ANAに問い合わせたら。

f:id:beatiidx300:20181121010431j:plain

国際線扱いなのか~。

この後無事電話で連絡し座席指定を完了。

国内線だから24時間前でも座席指定は可能であるのだ。

コールセンターで座席指定して終了。

これでようやく飛行機に乗る準備が完了。

Skipサービスがつけないので有人カウンターで紙の搭乗券を発行する必要がアリ。

ま、時間あまりまくりの学生だからいいけどね。

 

結論

海外で買った航空券は国際線扱いされるかもだから気をつけろ!

 

 

おまけ

ところでJMB会員の自分は普段あまりANAを利用する機会がない。

そもそものシステムをきちんと理解していなかったりする。

f:id:beatiidx300:20181121010822j:plain

ここでもらったオンラインチェック番号が座席指定のときに使えるらしい。

でもわりと直前での指定になるので窓側大好きキッズのボクは電話で座席指定しましたとさ。